驚きの無料航空券入手法
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

エンタメ情報は蜜の味

このニュース、実は宝の山。あなたには分かる?
<< 本名も相武紗季(あいぶ さき)なんです。 | main | 下着姿の吉川ひなの >>
熱中病の対策は知っておかないと
0
    とは(ねっしゃびょう)や(にっしゃびょう)と呼ばれているものの総称です。
    今年の暑さで熱中症の危険度は急上昇しています。熱中症の症状は頭痛や疲労感ですが、危険な状態になると汗がとまり、40℃を超
    える体温になり、そのままでは死に至る場合があります。

    知っておかなくてはならない熱中症の知識をまとめました。

    水分補給(スポーツドリンク)が一番のですが、症状が以下のようですとを行ってください。


    熱けいれん:大量の発汗に対し、水分のみを補給した際に起こりやすい。
    熱疲労:脱水症の一種ですが、体温調節機能が残されているため、発汗は持続し、体温もそれほど上昇していません。
    熱射病:視床下部の体温中枢や汗腺の機能が衰退して深部体温は40℃以上になり、緊急性の高い状態です。


    基本は以下の3つです。
     休息
      体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にします。
     冷却
      涼しい場所で休ませます。風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移動します。
      また、氷嚢(ひょうのう)、氷塊などで腋(わき)の下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、血液を早く冷まします。
     水分補給
      意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要で、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。


    は室内でも熱中症にはなります。重要なポイントは水分と塩分の補給です。特に、高齢者、幼児、赤ちゃんには注意してあげましょう

    | トピックス | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.yume1.jp/trackback/264181